脳卒中はわが国における介護を必要とする原因疾患の第1位です。脳卒中は一度発症すれば、発症から治療開始までの時間が回復の鍵を握ります。
私たちが、小中学生に「脳卒中の危険因子」と「脳卒中発症時の対処法」の啓発を行うことで、
1,若年からの生活習慣是正による脳卒中発症予防
2,家庭に対する脳卒中知識の間接的な啓発
3,脳卒中の発症現場に遭遇した際の適切な対処による病院受診時間の短縮化が期待されます
「わが国発の小中学生を対象とした、効果的な脳卒中啓発モデルの確立を目指すこと」私たち研究班の目的です。

Topics

2017.12.20
小学生版脳卒中教室をアップしました。
2015.9.1
当ホームページを開設しました。

事務局

国立循環器病研究センター
脳血管リハビリテーション科 横田 千晶
〒565-8565 大阪府吹田市藤白台5-7-1
TEL 06-6833-5012(内線2223) FAX 06-6835-5267